あおもみじの読書ノート

Amazonの欲しいものリストが本ばかりの乱読系会社員の読書にまつわるあれこれ

手帳本いろいろ 手帳は人生のコンパス編

手帳ライフを楽しみたい方に

手帳本を紹介、第2回。

 

前回ブログからの引用

紙の手帳を使う目的は大きく3つに分けられると思います。

夢を叶えるツール(人生をデザインする)=未来を予約

スケジュール管理

ログを残すためのツール=過去を残す

 

スケジュール管理だけであれば、

デジタルでもあまり変わらないように思いますので、

自分は未来を予約したいのか、

過去を残したいのか、

その配分はどれくらいかを考えておくと、

何だか思ったように使えない、

というのが避けやすくなると思います。

 

今回は

夢を叶えるツール(人生をデザインする)=未来を予約

としての使い方で、

自分の人生の理念をベースに

長期目標からブレイクダウンして

毎日の行動に落としむ、

かっちり管理したい派の方向けの本です。

 

共通フレーズは

”手帳は人生のコンパス”です。

 

  • やりたいこと、ビジョンが明確な人
  • 未来のことを考えるのが好きな人
  • 7つの習慣を読み、ミッションステートメントを作った

におススメです。

 

 

手帳で夢をかなえる全技術


 

手帳は”ありたい姿を実現させるための自己マネジメントツール”。

人生理念から

中長期目標、短期目標、日々の行動に落とし込み、

夢をかなえよう、という本です。

タイムマネジメントについての項目もあり、

夢を叶えるツールタイプの基本が1冊にまとまっています。

手帳が続かない人の共通点と解決法も書かれています。

この手帳術では

自作のシステム手帳”マイ手帳”を薦めていますが、

応用テクニックを含めて。

市販の手帳にもうまく取り込めると思います。

 

 

そして、”手帳で夢をかなえる全技術”の考え方の大元にあるのは

7つの習慣。


 

 

その7つの習慣をタイトルに持つ手帳術がこちら、

7つの習慣に学ぶ手帳術


 

突発的なことが起きても、

「何が自分にとって本当に一番大切なのか」

「どちらの方向に進むべきか」を判断できる習慣を

手帳を通じて身に着けよう、という本です。

 

7つの習慣のうち、

第3の習慣:最優先事項を優先するにフォーカスして、

「自分自身のための成長」(ピンク)

「仕事」(黄色)

「プライベート」(青色)

第2領域を優先する習慣が身に付きます。

 

7つの習慣を読んでいなくても大丈夫です。

(もちろん読んでいる方がより理解できます)

手帳(バーチカル)とペンと

3食の蛍光マーカー(ピンク、青、黄)を用意しましょう!

 

 

 

手帳は、毎日の充実感を高めるツールの1つだと私は思っています。

単にスケジュール管理であればデジタルでもいいですが、

デジタルでは得られない価値が紙の手帳にはあります。

皆さまの手帳ライフの一助となれば幸いです。

 

 

ちなみに前回は基本編で、

手帳の基本から知りたい人向けの本を紹介しました。

 

 

なお、私はプライベートはCITTA手帳を愛用しています(2023年で6年目)

CITTA手帳への愛は過去ブログに。

aomomiji39.com