あおもみじの読書ノート

Amazonの欲しいものリストが本ばかりの乱読系会社員の読書にまつわるあれこれ

手帳本いろいろ 手帳選び編

最近の手帳は10月はじまりのものが多いので、
もう新しい手帳を使い始めている人も多いでしょうか。
 
毎年使い始めはどのように使おうかとワクワクしつつ、
もっとうまく使いたい、もっと楽しみたい、という人、
すでに使わなりつつあり、
年が変わったので心機一転!という方もいるのではないでしょうか。
 
そんな人には手帳本です!
他の人の使い方のいいところを真似をしちゃいましょう。
 
手帳好き、手帳本好きとして、
手帳本を何回かに分けてご紹介します。
 
紙の手帳を使う目的は大きく3つに分けられると思います。

夢を叶えるツール(人生をデザインする)=未来を予約

スケジュール管理

ログを残すためのツール=過去を残す

 
スケジュール管理だけであれば、
デジタルでもあまり変わらないように思いますので、
自分は未来を予約したいのか、
過去を残したいのか、
その配分はどれくらいかを考えておくと、
何だか思ったように使えない、というのが避けやすくなると思います。
 
とはいえ、あまり手帳を使っていない方は
どんな手帳を選べばいいか、
というところから悩んでしまうのではないでしょうか。
 
そういう時にはこちらの本はいかがでしょうか。
 
意外と誰も教えてくれなかった手帳の基本


 

手帳の種類、基本的な使い方がまとまった本です。
デジタルとの併用法にも触れられています。
どのような手帳があるのか、
どのようなページがあるのか、の説明からあるので、
欲しい要素を絞って探すと好みの手帳に近づくと思います。
ただし、本文にもある通り、

”完璧なものは最初からないと思っていた方がいい”

 

これはその通りだと思います。
自分に合った手帳探しは続く、です。
 
雑誌ならば、日経Womanの毎年恒例の手帳特集も
いろいろなパターンが見られるので、おススメです。


 

 

手帳は、毎日の充実感を高めるツールの1つだと私は思っています。
単にスケジュール管理であればデジタルでもいいですが、
デジタルでは得られない価値が紙の手帳にはあります。
皆さまの手帳ライフの一助となれば幸いです。
 
 
なお、私はプライベートはCITTA手帳を愛用しています(2023年で6年目)
CITTA手帳への愛は過去ブログに。