あおもみじの読書ノート

Amazonの欲しいものリストが本ばかりの乱読系会社員の読書にまつわるあれこれ

ついつい言ってる?ずるい言葉-10代から知っておきたいあなたを閉じ込める「ずるい言葉」-

話をしていて、
私のことを考えて
言ってくれているとおもうのに、
何となく違和感を感じたり 、
イラっとしたり、
言葉にできないけどモヤモヤすること
ありませんか ? 
 
それは「ずるい言葉」かもしれません。
 
10代から知っておきたいあなたを閉じ込める「ずるい言葉」
森山 至貴/著

(2021年12月12日現在Kindle Unlimited対象。

Audibleもあります。)
 
そんな日常にあふれている、
思い込み、責任逃れ、偏見から
発せられるずるい言葉について
解説し、処方箋が書かれています .
 
29の事例は子供の事例で書かれていますが、
大人の場合でも、
あるある!というものばかり。
 
例えば、
「あなたのためを思って言っているんだよ」
 
これはずるいofずるい言葉。
往々にして、
あなたのためという衣にくるんだ
自分にメリットがあるアドバイス。
そしてそのアドバイスの根拠を言わずに
従わせられる便利な?言葉。
 
更に
「友達にいるからわかるよ」
 
なんで、
話し手とあなたの友達が同じとわかるんだ?
友達がいればわかるのか ?
いろいろ突っ込みどころ満載。
とにかく決めつけが失礼な言葉です。
 
明らかに失礼だなぁという言葉以外にも、
自分もつい言っているのではないかと
不安になる言葉も。
「もっと早く言ってくれれば良かったのに」
 
困っている人は
なかなか困っているとは
他人に言えないからこそ困っているのに。
自分の後ろめたさをごまかして、
これを言っちゃって
相手が悪いと押し付けちゃうんですね。
 
ただ、
「気づかなくてごめんなさい。
何かできることある ?」
と言えばいいのにね。
 
他にも知らず知らずのうちに
言ってしまいそうな言葉達をみていると、
自分基準であることが
共通点であるように思います。
 
決めつけない、
そのまままずは受け止める、
自分の物差しで判断しない、
という、
思考の柔軟性が
大事なのではないかと感じました。
 
10代よりも大人が読むべき本です。