あおもみじの読書ノート

Amazonの欲しいものリストが本ばかりの乱読系会社員の読書にまつわるあれこれ

ガイドブック今昔

先日、念願の鎌倉旅行に行ってきました。
目的は大河ドラマの地探訪です。
 

 
コロナ禍で旅行も久しぶりで、
すっかり勘が鈍って、準備にかなり手間取りました。
 
ガイドブックに鎌倉単体のものがたくさんあるくらいなので、
見どころが多い地にもかかわらず、
西に住んでいることもあり、
馴染みがない土地、鎌倉。
鶴岡八幡宮しか思い浮かばない。
食べ物も鳩サブレのみ。
 
こういう時に頼りになるのはガイドブックよね!と
Kindle Unlimitedでダウンロードしては
眺めるものの、ピンとこない。
エリア感はつかめたが、
有名な寺が多すぎて、どれを選ぶのがいいかわからない。
モデルルートは若いお嬢さん向けで全く惹かれない。
困りました。
 
一人旅なので、気ままに行けばいいのですが、
たまたまお休みが取れたのが紅葉の時期。
ある程度作戦を練っておかないと痛い目を見る気がして、
徐々に焦りが。
 
なんやかんやで最終的に参考にしたのが、
鎌倉旅行のブログとYouTube。
(若い人ならInstagramでしょうが、私は使いこなせていません。。。)
ピンとくる場所をチェックして、
グーグルマップの行ってみたいリストに入れる作業をしていると
おおよその距離感が掴めてきました。
さらにグーグルマップでリストに入れた場所の近くに
気になる場所を見つけてはチェック。
グーグルマップが自分専用のガイドブックになりました。
 
旅行にはガイドブックをダウンロードして持っていきましたが、
グーグルマップが位置情報を教えてくれるので、
結局開くことはありませんでした。
 
次の旅行では、
ガイドブックでエリアを大づかみ。
ブログとYouTubeとグーグルマップで行く場所を決めた後に
詳細情報をガイドブックで再確認。
旅行はグーグルマップのみ、という形になりそうです。
 
昔は旅行に行くとなると
最初にガイドブックを買ったり、
図書館で借りてきて情報収集したものですが、
今後は少なくとも国内旅行では買わないような気がします。
 
時代の流れを感じた鎌倉旅行でした。
 
ちなみに泊まったホテル、
窓ガラスが薄いのか、冷気がガンガン入ってきて
暖房が効かず、ものすごく寒かった。
 
まずい、このままでは風邪をひく、と
念のためにカバンに入れていたこれを首に貼ってしのぐ。

 

そして布団に入るもやはり寒い。

さらにこちらを投入して暖かく寝ることができました。

桐灰のカイロは最強。ありがとう。

おまけ。
活躍度が低かったガイドブックですが、
やはり、あると安心感が違います。
Kindle Unlimitedでは、何冊もダウンロードして見られるのがよいところ。
今回、見たのはこれらのガイドブックでした。