あおもみじの読書ノート

収集心全開、気が付けばAmazonの欲しいものリストがすごい数になってる会社員の読書にまつわるあれこれ。Kindle Unlimited愛用中

ごめん、連れて帰れない。―負債論―

数日前、図書館で予約した本が届いたので、

受け取ってそのまま出かけようと思って
カウンターにいったら驚愕。
 
な、なんじゃそらー!!!
広辞苑もびっくりの厚さの本が出てきた。
サイズが小さい分、
インパクトはこっちが上。
 
それがこの本。
負債論 貨幣と暴力の5000年
デヴィッド・グレーバー/著
 
こんな分厚い本とは知らなかった。
他の本もあったので、
さすがにカバンに入らないし、
2週間で読める気がしない。
 
次の予約の方に早くまわるように、
その場で返却手続きさせていただきました。
ご縁があれば、また予約するね。。。
 
こんな難しそうな本を読もうと思ったのは
話題になったこれを読んで、
ほぼ日の記事を読んだから。
ブルシット・ジョブ
それにしても、
なんで上下巻にしなかったのだろう。。。?
 
 
分厚い本、鈍器になる本で
思い出したのはこのシリーズの新書
姑獲鳥の夏
魍魎の匣
京極夏彦/著
 
今は文庫だから
当時の衝撃のような感じではないのかしら?