あおもみじの読書ノート

収集心全開、気が付けばAmazonの欲しいものリストがすごい数になってる会社員の読書にまつわるあれこれ。Kindle Unlimited愛用中

権力者の病気-世界史を動かした脳の病気-

私たちが歴史の授業で教わるのは

世界の指導者や世の中を動かした人たちが
活躍したり、
とんでもないことをした時だけで、
病に倒れたり、
苦しんでいるところではないのですよね。
 
もし、リアルタイムで見ていたら、
あの人、病気じゃないか?
最近どうした?
なんて、
噂になっていたのかもしれないですけど。
今ならSNSでトレンドになったり。
 
権力を持っていたり、
部下を指揮したりする人が
脳の病になると、
こんなに恐ろしいのか、と
思いしらされたのがこの本。
 
世界史を動かした脳の病気
小長谷正明/著
(2022年5月18日現在、Unlimited対象外です。また、対象になるんじゃないかな)
 
ヒトラーがパーキンソン病で、
毛沢東がALSだったなんて
全く知りませんでした。
 
権力を持った人が
ちゃんとした判断ができなくなって
振り回されるのは
周りの人や何も知らされない部下、
普通の市民。
 
誰しも病気になりますし、
健康でないと
どうしても判断力が落ちますが、
脳の病気は特に影響が大きい。
 
そして、周りの人が上手く
その立場から外せないんだな、と。
逆に悪用するひともいるし。
 
引き際って難しい。